MENU

調剤薬局事務ってどういう仕事?

調剤薬局事務の業務内容

 

調剤薬局事務の仕事は、文字通り調剤薬局で事務に関わる業務を行うことです。医療関連の仕事では、医療事務が注目を集めていますが、その「調剤薬局版」といってもよいでしょう。

 

調剤薬局事務の代表的な2つの仕事
1,レセプト作成業務

ほとんどの患者さんが、保険(国民健康保険、政府管掌健康保険 etc.)に加入しているので、診察料や薬代が一部負担(3割)になります。調剤薬局では、患者さんから負担金のみを支払って貰い、残りの料金は保険者である「国民健康保険」や「保険組合」に請求します。

 

このように保険者に診察料や薬代を請求することをレセプト業務、または調剤報酬請求業務と呼びます。調剤薬局事務は、厚生労働省が定めている「調剤報酬点数表」に基づいて算定をしたレセプトを作成するのが仕事になります。レセプト業務は、調剤薬局の経営にも直接関わってくる非常に重要な仕事だと言えるでしょう。

 

2,受付業務

調剤薬局事務の仕事には、受付業務があります。薬局に来る患者さんから処方箋を受け取り、薬剤師に調剤を依頼します。薬剤師の指示のもとで患者さんに薬を手渡すわけですが、事務員が使用上の注意などを説明する場面も多々あります。

 

また、電話などの応対も積極的に行なっていく必要があります。調剤薬局事務の仕事は、非常に細かいものも合わせると多岐に渡りますが、薬剤師のサポート・補佐的な立場だと考えて良いでしょう。

 

仕事の具体例

 

実際の職場をイメージしながら、もう少し具体的に見て行きましょう。まず患者さんが訪れた際には、初めてかどうかを確認します。初めての患者さんであれば、薬歴簿の作成を行います。薬歴簿とは、今後どのような薬剤を使用していくのかを記録していくものです。病院で言うところの「カルテ」だと考えて頂ければいいと思います。

 

一方、初めてではない再来の患者さんの場合は、保険証を確認をします。また、処方箋の内容をパソコンに入力し、それに基づいて薬歴簿への記入・記録を実施します。来歴簿は、毎回記録を取ることで、患者さん1人ひとりの薬歴、健康状態の把握などに役立ちます。

 

処方が終わったら調剤報酬を計算して、患者さんの自己負担分を計算して会計を行います。

 

このように見ていくと調剤薬局事務の1日の仕事は、忙しい仕事であることが分かると思います。薬剤師と二人三脚で、スムーズに進めていくことが求められるのです。

 

そういった意味では、医療事務以上にひとりひとりの役割が大きく、大きな意味を持ってくる仕事とも言えるではないでしょうか。調剤薬局事務は、需要の多さや安定した就業環境だけではなく、やりがいを持って取り組める仕事なのです。

 

調剤薬局事務の資格を取るならどこがいい?

調剤薬局事務講座を一括比較できるサービス

 

調剤薬局事務の資格取得1

 

ブラッシュアップ学び

調剤薬局事務の資格取得2

詳しくはこちらをクリック

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

 

調剤薬局事務の資格取得3

 

詳しくはこちらをクリック