MENU

調剤薬局事務の重要性

医療機関で働く人々は、医師・看護師・薬剤師・作業療法士などの職種がありますが、これらの仕事に就くためには国家資格が必要です。また医師、看護師、看護補助数、薬剤師、栄養士は、法的に患者数に見合った従事者数を配置するように定められています。

 

一方、事務員、診療放射線技師、その他については、法的に「病院の実状に応じた適当数」を配置すれば良いことになっています。なお、事務員は、医療事務の担当者を指している訳ではなく、病院の運営上に支障をきたさなければ良いと医療事務員を含めた人員を指しています。

 

医学の進歩によって医師が各専門医に枝分かれしたように、病院事務も一般事務軍、施設管理事務郡、医療事務郡など機能的に細分化して組織されています。これらのうち医療事務郡のみが、一般企業にはない病院特有の事務部門となります。

 

一般事務の総務および経理の中の会計は、一般的な企業における業務と共通している部分が多く、特に病院としての特殊性は見られません。

 

医療事務や調剤薬局事務は国家資格ではありませんが、医療機関には不可欠であり、病院や薬局経営には重要なポストだと言えるでしょう。医療事務や調剤薬局事務には、専門的な知識が必要であり、迅速で正確な事務処理が要求されます。

 

この専門知識と事務スタッフが必要とされる場所は、病院や薬局以外にも公的な保険センターや、健康保険組合、介護に関わる現場(介護事務)、民間企業の医務室、医療事務コンピュータソフト会社など多種多様です。

 

医療事務や調剤薬局事務のスキルがあれば、常に求人は豊富にあるので、職に困ることはまず無いといえるでしょう。