MENU

調剤薬局事務と薬剤師の関係

薬剤師の仕事について

 

調剤薬局で働いている人は、主に2種類に分けることが出来ます。

 

まずは薬剤師です。薬剤師は薬に関する勉強をしてきた人たちであり、薬剤師の国家資格を持っています。薬に関するプロであり、医師の処方せんに従って薬をそろえたり、間違っていないかチェックしたりします。

 

薬をそろえるということは、錠剤を指示された数だけあつめることではありません。シロップ剤や粉薬を計りとったり、飲み忘れが多い人のために一包化といって1回分の薬を1つの袋にまとめたりします。また、大きな物を上手く飲み込めない人のために、錠剤をつぶしたりカプセルの中身を出して粉状にしたりもします。

 

薬を患者さんに渡すだけではなく、薬の説明や今まで服用を続けている薬であれば副作用の有無などを確認します。他の薬局でもらっている薬があるかどうかも、一緒に確認します。同じ働きをする薬や、飲みあわせが悪い薬があれば、身体に悪い影響を与えてしまうからです。

 

医師の処方に疑問がある場合には、問い合わせをして合っているかどうかを確認しなければなりません。薬の名前や量が通常とは異なる、飲みあわせが悪い薬が所要されているなどといった、薬剤師の観点からみた問い合わせがひとつ。

 

薬の飲み忘れなどで手持ちがあるので減らしてほしい、別の薬も一緒にだしてほしいなど、患者さんの観点から見た問い合わせがあります。

 

薬歴といって、どんな薬が処方されているかを日ごとに記録しているものがあります。これを記すのも薬剤師の仕事です。これを見ると、今まで飲んできた薬の名前や量といった事柄や起こってしまった副作用、体質やアレルギーなどの情報が記されています。

 

調剤薬局事務の仕事について

 

次に調剤薬局事務です。調剤事務に関するいくつかの民間資格がありますが、持っていなくても仕事をすることが可能です。処方せんを受け取る、調剤薬局の顔といった役割があります。

 

パソコンで調剤報酬明細書を作成し、薬の情報が記された用紙や薬袋を印刷します。患者さんに代金を請求し、会計を行います。また、月末月初は調剤報酬明細書を保険者ごとにまとめて請求する作業もあります。