MENU

調剤薬局事務に向いている人

清潔感が大切

 

どの仕事であっても、向いている人と向いていない人がいます。調剤薬局事務も同様です。ここでは、調剤薬局事務に向いている人を考えてみましょう。

 

まずは愛想がよい人です。調剤薬局事務は、患者さんから処方せんを最初に受け取る、いわゆる薬局の顔的な存在です。ニコニコとしながら受け取るのと、不機嫌そうな顔で受け取るのと、どちらが患者さんに好印象を与えるでしょうか。

 

調剤薬局には、体調が優れずに辛そうな人や、病院や診療所で長時間待たされて機嫌が悪い人なども多く訪れます。そんな時に、不機嫌そうな顔をした人がいると、調剤薬局においてはマイナスになってしまいます。

 

次に、清潔な人です。医薬品を扱う職場であるがゆえに、衛生的であることが求められます。爪や髪の長さはもちろんですが、調剤薬局によってはアクセサリーや髪のカラーリングにも注意されることがあります。

 

香水やキツイ臭いの柔軟剤といった香りも、体調が悪い人にとっては辛いので、出来るだけつけないようにします。また、着ている服が汚れているのは問題外です。いつでも清潔な服装を心がけましょう。

 

パソコンスキルについて

 

パソコンが扱えることも重要です。特別なスキルは必要ありませんが、ブラインドタッチは出来るようになっておいた方がよいでしょう。1文字1文字、目で確認しながら入力していたのでは、仕事の効率が落ちてしまいます。

 

また、調剤報酬は2年に1度改定になります。そのため、改定する度に新しい知識をつけ直す必要があります。患者さんによっては、調剤報酬を改定した結果、同じ薬をもらっているのに値段が変わったと言われることもあります。新しい情報を理解し、他人に説明する力も求められます。

 

最後に、調剤薬局内のスタッフと交流できる人です。調剤薬局は店で働いている人の数はそんなに多くありません。少ないところだと、薬剤師と調剤薬局事務1人ずつといった場合もあります。少ない店舗スタッフと人間関係のトラブルを起こしてしまうと、勤め続けることは困難になるでしょう。

 

調剤薬局事務の資格を取るならどこがいい?

調剤薬局事務講座を一括比較できるサービス

 

調剤薬局事務の資格取得1

 

ブラッシュアップ学び

調剤薬局事務の資格取得2

詳しくはこちらをクリック

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

 

調剤薬局事務の資格取得3

 

詳しくはこちらをクリック