MENU

調剤薬局事務の資格取得者の傾向

どのような人が取得しているのか

 

調剤薬局事務の仕事に注目が集まっている中、関連資格を取得する人も増えています。現在では数種類の民間資格が存在している状況ですが、ではどのような人が資格を取得しているのでしょうか。

 

まず主婦が取得するケースが多いこと。もともと安定性の高さと時間の都合がつきやすい点が調剤薬局事務の大きな魅力のため、主婦が家計の足しに仕事に就くことが多いのです。

 

それから初心者や未経験者が取得するだけでなく、すでに実務経験を積んでいる人が取得するケースも見られます。これは現在の自分のスキルや知識を資格の形で裏付けたい、あるいは今後就職・転職する際に役立てたいといった理由でしょう。

 

調剤薬局事務の関連資格は合格率が高く、難易度がそれほど高くないといわれていますが、その理由のひとつには受験者のレベルの高さもあるのです。

 

どのように取得しているのか

 

これから資格取得を目指している人にとっては資格取得者がどのような方法で取得したのかも興味があるでしょう。もっとも多いのが通信講座での資格といわれています。

 

先に挙げたように、主婦の受験者・合格者が多いのもその理由でしょう。家事や育児で忙しい合間に勉強し、対策を行う方法として通信講座は理想的な選択肢となってくれるのです。

 

すでに調剤薬局事務で働きながら勉強する人にとっても通信講座はよい選択肢となるでしょう。一方、完全な独学での合格はやはり難しく、苦戦する傾向が見られています。

 

調剤薬局事務の仕事の多くはアルバイト、パートとしての雇用となっています。そのため資格取得者も最初からアルバイト・パートでの勤務を目指す人が多い傾向が見られます。

 

今後この傾向が変化するかどうかは医療業界、とくに医薬分業の動きがどう変わるかによって決まってくるでしょう。1つだけ間違いなく言える事は、多くの人は忙しい合間に勉強して備えていること。それだけに誰でも資格取得のチャンスがあるといえそうです。

 

調剤薬局事務の資格を取るならどこがいい?

調剤薬局事務講座を一括比較できるサービス

 

調剤薬局事務の資格取得1

 

ブラッシュアップ学び

調剤薬局事務の資格取得2

詳しくはこちらをクリック

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

 

調剤薬局事務の資格取得3

 

詳しくはこちらをクリック