MENU

【たのまな】調剤薬局事務講座の口コミ・評判

パートとして働けば家事と子育ての両立ができ、夫の転勤先でも、全国どこにでも調剤薬局はあるため、すぐに仕事が見つかる。そんな理由から、調剤薬局事務の仕事を希望する人が増えています。

 

資格取得までのスケジュール

知識の習得のために、開講されているが、ヒューマンアカデミーの通信教育講座・たのまなの「調剤薬局事務講座」です。

 

受講の修了によって、「医療保険学院」(メディパルホールディンググループ)が認定する民間資格『医療保険調剤報酬事務士』が取得できます。

 

1.DVD「合格サポートナビ」の視聴

調剤薬局事務の仕事について、概要を学びます。

 

2.テキストで学ぶ

基礎編「調剤報酬事務教育講座」と実習編「調剤報酬事務教育講座」 計2冊を使用します。医療保険制度と調剤報酬請求事務の概要を理解し、調剤基本料、調剤料をはじめ、各種加算など、調剤報酬の算定の際の重要なポイントを学びます。

 

3.現場の必須知識を得る

処方せんの受付から請求業務、レセプトへの記入まで、調剤薬局の現場で必要となる知識を会得し、問題集では、模範解答と解説を確認しながら、知識の定着を図ります。

 

4.中間テスト

テストは3回。担当講師による採点と添削によって、知識の定着を目指します。合格点に達したら、『医療保険調剤報酬事務士』の受験要項が送られてくる仕組みとなっています。

 

5.認定試験

在宅で、資料を見ながら受験します。合格によって、『医療保険調剤報酬事務士』の資格取得となります。

 

「合格保証」が嬉しい

たのまなの魅力は、「合格保証」が付いている所です。サポート期間内に3回、不合格の場合、“受講料全額返金”“サポート期間延長”のどちらかを選べます。

 

標準的な学習時間2カ月となっていますが、最長6カ月まで在籍が可能です。受講料は、34,300円となっています。

 

口コミと評判

「たのまな」で受講した卒業生は、「最新の調剤報酬点数が学べ、仕事に役立った」「最初は不合格だったが、合格保証によって再チャレンジでき、くじけずに目的が達成できた」などといった感想を述べています。

 

また講座修了後に、最寄りの校舎へ行けば、無料で就職サポート(個別相談)を受けることも可能です。最終的に調剤薬局事務への就職を目指している方には、非常に心強いサポートだと言えるでしょう。