MENU

最短で調剤薬局事務の資格を取得するには?

資格取得というと、何かと費用がかかりますし長期間の勉強をする必要があります。

 

もちろん、知識にたけた人であればそんな悩みは不要かもしれませんが、普通の人であればお金と暇を持っている場合でないと、なかなか資格を取ろうと言う気に離れません。

 

調剤薬局事務の資格は、必須ではありませんが持っておくと良い資格として知られています。

 

実際に調剤薬局事務としても働きながら取得することができるのですが、それでもなるべく早く取得したいものですよね。

 

いろいろと取得方法はあるのですが、では最も早く調剤薬局事務の資格を取得する方法はどのような方法なのでしょうか?

 

今回は、調剤薬局事務の資格取得方法について説明していきます。

 

資格の取得方法は?

まずは、調剤薬局事務資格の取得方法について紹介していきます。

 

調剤薬局事務の資格を取得する方法としては、通信講座や通学講座による学習をして取得するのが一般的です。

 

一般的な考えでは、通学講座の方が短期間で取得できるイメージがあるのですが、調剤薬局事務の資格に関しては通学講座でも結構な期間がかかってしまいます。

 

期間だけ見れば通信講座と大差がありませんので、基本は通信講座での受講が効率よく短い期間で取得できるといえます。

 

通信講座では、概ね4ヶ月程度の勉強期間が設定されていて、終了後に資格を取得できます。

 

短いところでは、ヒューマンアカデミーが実施している医療保険調剤報酬事務士という資格の場合は、2ヶ月で取得できるとあって、最短となっています!

 

独学のほうが速い?

調剤薬局事務資格の中では、試験に合格すれば取得できる資格があります。

 

その場合は、独学で調剤薬局事務に関する知識を習得して、試験に合格すれば資格を取得できます。

 

知識さえ持っていれば、数週間の勉強だけで資格を取得できるので、こちらの方が速いといえます。

 

但し、テキスト選びが重要になり難しいなど、その道は多難といえます。