MENU

調剤薬局事務員になるための志望動機

明確なアピールが重要

 

どの職業へ就職・転職を目指す場合にも志望動機は重要です。志望動機を見て、採用する側はその人の意欲、あるいは人間性を判断します。

 

調剤薬局事務員の場合、薬局の運営、患者の健康にも深く関わる仕事だけに、知識やスキルだけではなく人間性も重視されます。それだけに採用する側によい印象を与え、アピールポイントとなる志望動機を用意したい所です。

 

面接といった時間に限りがある状況で、志望動機について聞かれても、しっかりと答えられるように事前に考えをまとめておくと良いかもしれません。

 

調剤薬局事務の仕事は、受付などの接客業務やレセプトの作成だけでなく、納品書、請求書の整理・薬歴簿の作成など、他にも細かい仕事はたくさんあります。こうした仕事の重要性を一つ一つ丁寧に把握し、自分に適性があることをアピールすると相手にも好印象を与えることができます。

 

他にも、これまで自分が経験してきた職種で、調剤薬局事務に関連するスキルや実績があれば、積極的に結びつけアピールすることも1つでしょう。

 

即戦力として働けることをアピール

 

全国的な調剤薬局の増加も影響し、どこの薬局も調剤薬局事務員に即戦力を期待しています。ですから、すぐにでも活躍できる人材であることをアピールすることも大切です。

 

その際に、未経験でも資格を取得していれば大きな強みになります。

 

資格を保有していれば、専門知識を有していると好印象を与えられるだけでなく、即戦力としても期待ができます。

 

資格を取得するまでの間に、どれだけ熱心に取り組み勉強に励んだかを志望動機に盛り込めば、「意欲に溢れた人材」として、すぐに職場に適応できると判断してもらえる可能性も高いでしょう。

 

また、自分のライフスタイルを上手に盛り込み、時間の都合を付けることができる、この仕事こそ自分に合っているといったアピールをするのも1つです。

 

調剤薬局事務員は売り手市場となっており、比較的採用されやすい状況にあります。

 

その点では就職活動がしやすい状況と言えますが、希望の職場に採用されるためにも、志望動機はどんな場面で聞かれたとしても、答えられるよう心掛けておきたいものです。

 

調剤薬局事務の資格を取るならどこがいい?

調剤薬局事務講座を一括比較できるサービス

 

調剤薬局事務の資格取得1

 

ブラッシュアップ学び

調剤薬局事務の資格取得2

詳しくはこちらをクリック

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

 

調剤薬局事務の資格取得3

 

詳しくはこちらをクリック