MENU

調剤事務管理士技能認定試験|出題内容とは?

調剤事務管理士は、とても人気のある資格で、多くの方がなりたいと感じている職業であります。

 

それは、やはり病院系に勤務できるという点、それに伴う収入と雇用の安定感が望まれているからに他なりません。

 

そんな調剤事務管理士ですが、レセプトの作成や処方箋・調剤録管理などを行わなければならないため、非常に重要で高いスキルを求められる仕事なんです。

 

よって、資格も多く存在して、多くの方が取得されています。

 

今回は、そんな調剤事務管理士の資格の一つである調剤事務管理士技能認定の詳細について説明していきます。

 

調剤事務管理士技能認定とは?

調剤事務管理士技能認定とは、技能認定振興協会が制定している資格であり、調剤事務管理士の能力アップを目的としている認定資格となります。

 

特に、レセプトの作成をメインに挙げて、そのスキルを持ったものに対して資格認定を付与しています。

 

資格認定については、試験を受験して合格することで与えられます。

 

認定試験の出題内容は?

調剤事務管理士技能認定試験は、奇数月の第四土曜日に開催されていますので、年間6回開催されています。

 

全国の主要都市で開催されていますが、一部会場では特定月のみ開催となっています。

 

試験は、学科として医療制度に関する問題や、保険請求事務、薬の知識に関する問題が出題されます。

 

選択式の穴埋め問題となっていますので、記述する必要がありませんがきちんと知識を叩き込んで受験する必要があります。

 

もう一つ、実技試験が用意されています。

 

これは、レセプトの作成を実際に行う、作成されているレセプトが正しいかどうかを確認する事になります。

 

これは、実際に何度も自分でレセプトを作成して練習する必要があります。

 

学科と実技については、技能認定振興協会のホームページで過去問題が公開されていますので、まずはチェックしてみることをおすすめします。

 

合格率は約50%前後となっていて、決して簡単な試験ではありませんが、勉強して臨めば問題なくクリアできるはずです!