MENU

調剤薬局事務の資格取得方法

独学で合格できるのか

 

調剤薬局事務の資格を、働きながら、あるいは家事や育児を行いながら目指す人も多いようです。医療事務とともに主婦のなり手が多いだけに、勉強だけに専念した環境を整えるのが難しいのです。そのため自分で計画的に勉強を進めていけるかが合否の分かれ目になります。

 

そこでひとつの選択肢となるのが独学。すべて自分で準備し、対策を行って合格を目指そうとしている人も多いでしょう。調剤薬局事務の資格の合格率は50〜70%程度と高い水準にあるだけに、独学でも十分と考える人も多いようです。

 

ただ、独学での合格は難しいというのが実際のところです。まだ資格に注目が集まるようになってから間もないこともあり、参考書など勉強に必要な教材が限られており、しかもどれが一番良いのか判断するのが難しい面があるのです。

 

また、実践的な試験対策などを自分で行うのも困難。何をしたらいいのかわからないまま十分な対策ができずに終わってしまうことも多いのです。試験に臨んだらこれまで聞いたことがなかったような範囲の問題が出た、などということもあるので注意が必要です。

 

通信講座が理想的

 

資格取得方法として理想的と言われているのが通信講座です。独学と同様、自宅で自分のペースに合わせて勉強していくことができる上、過去の試験の傾向や必要な知識を効率よく学んでいくことができます。

 

また、添削指導や質問などを通して、自分がきちんと学べているのかどうかを確認しながら進めていける点も重要です。とくにレセプトの作成は、調剤薬局事務におけるもっとも重要なスキルですが、自分ひとりでの対策ではうまくできるようになっているのか実感を得ることが困難です。

 

費用も最小限、通学の手間もかからず、独学よりもモチベーションを維持しやすいでしょう。通信講座には忙しい中で勉強を進めていける理想的な条件が備わっています。

 

調剤薬局事務の資格では、特にこれらのメリットが大きくものを言います。これから資格取得を目指す人は覚えておくとよいでしょう。

 

調剤薬局事務の資格を取るならどこがいい?

調剤薬局事務講座を一括比較できるサービス

 

調剤薬局事務の資格取得1

 

ブラッシュアップ学び

調剤薬局事務の資格取得2

詳しくはこちらをクリック

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

 

調剤薬局事務の資格取得3

 

詳しくはこちらをクリック