MENU

調剤薬局事務の資格が人気の理由とは?

調剤薬局事務、なぜここまで人気の資格か

調剤薬局事務の資格は、あらゆる講座で通信講座が用意されているなどかなり人気のある資格として知られています。しかし、調剤薬局事務は資格がなくてもできる仕事。

 

なぜ、ここまで調剤薬局事務の資格が人気なのでしょうか。この資格の人気のポイントを押さえてみたいと思います。

 

調剤薬局事務として就職をすることの難しさ

まず、調剤薬局事務という仕事自体の人気が高いことが挙げられます。調剤薬局で働く調剤薬局事務は、土日や祝日が休みであることや昼間に働けることもあって、主婦を中心にかなり人気がある仕事。

 

調剤薬局事務として働きたいと考える人が非常に多いために、資格を取得して少しでもアピールしたい、有利になりたいと考える人が多いわけです。

 

このため、必然的に「調剤薬局事務になりたい」と言う人が調剤薬局事務資格の取得を目指すそうで、そこから人気の資格のひとつになっています。

 

短い期間で取得できる

調剤薬局事務講座をみると4か月ほどで講座が完了することが多いです。つまり、大体このくらいの期間を勉強すれば合格が目指せる資格ということになりますので、かなり短期間の学習で取得することができる資格です。

 

仕事をしながら資格取得を目指したいと考えている人にとって、勉強に必要な期間はできるだけ短い方がいいですよね。これだけ短期間で取得を目指すことができる調剤薬局事務は、「働きながら資格取得を目指したい」という人にとって強い味方なのです。

 

事務の仕事はいつの時代も人気

それから、やはり「事務の仕事はいつの時代も人気である」ということが挙げられます。調剤薬局事務の仕事は調剤薬局でする仕事なので休日もカレンダー通りですし、そういうところも人気の要因なのかもしれません。

 

いずれにせよ、調剤薬局事務としての就職は非常にハードルが高く、仮に求人があったとしても経験がない場合は難しいと考えて良いでしょう。だからこそ、資格を取得したいと考える人が多いのです。