MENU

調剤薬局事務はどんな職場で働くの?

調剤薬局がメイン

 

調剤薬局事務の資格を取得することができたら次は就職活動。その際には実際にどのような職場で働くことになるのかを把握しておくことが重要です。

 

また、雇用形態や雇用環境も考慮した上で求人情報を探していくことも重要になるでしょう。調剤薬局事務はその名称からも推測できるように調剤薬局での業務がメインとなります。

 

そもそもこの仕事の需要が増えているのも全国的に調剤薬局が増加しているからです。医薬分業の理念に基づき、医療機関とは別に調剤薬局が利用されるケースが多くなっているのです。

 

基本的に医療機関のある地域には必ず調剤薬局があります。まずは近所にある調剤薬局の求人動向を確認してみるとよいでしょう。

 

働き場所について知っておきたいこと

 

そのほかにも選択肢があります。まず医療機関。調剤薬局を併設している病院も少なくありません。総合病院など比較的規模の大きな施設となりますから、その分安定した雇用環境が期待できる面もあります。

 

それからドラッグストア。こちらも全国的に数が増加傾向を見せています。ドラッグストアの中には調剤薬局を併設しているところも多く、ここも重要な選択肢です。なお、スーパーの内部に調剤薬局を併設しているところも増えており、こちらも職場の選択肢となりそうです。

 

職場によって若干業務内容が異なってくる面もあります。通常の調剤薬局の場合、患者相手の受付業務とセレプト作成がおもな業務内容となりますが、病院の場合は患者とのコミュニケーションがより重要になってくる面もあります。

 

また、スーパーやドラッグストアで勤務する場合には取り扱っている市販薬に関する知識も必要になります。客の問い合わせに応じて案内したり、商品に関する知識を提供する機会もあるでしょう。

 

調剤薬局事務の就職活動を行う際にはこうした職場ごとの傾向や特徴も踏まえた上で選んでいくことが重要になってきます。自分にとって最適な職場を探すよう心がけましょう。

 

調剤薬局事務の資格を取るならどこがいい?

調剤薬局事務講座を一括比較できるサービス

 

調剤薬局事務の資格取得1

 

ブラッシュアップ学び

調剤薬局事務の資格取得2

詳しくはこちらをクリック

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

 

調剤薬局事務の資格取得3

 

詳しくはこちらをクリック