MENU

調剤事務管理士技能認定試験の合格率

難易度は高いのか

 

技能認定振興協会が認定している調剤薬局事務の資格が調剤事務管理士です。この資格は調剤事務管理士技能認定試験に合格することで取得が可能となっています。

 

ポイントとしては受験資格が設けられていないこと。そのため誰でもチャンスが開かれています。そうなると気になるのが難易度です。

 

調剤薬局事務の資格の中にはあらかじめ所定の講座を受講・修了することを受験資格に設けているところが多く、受験資格が設けられていないこの資格との難易度の違いが気になります。

 

合格率と難易度について

 

では、実際のところこの資格の難易度はどの程度なのでしょうか。具体的な数字では例年60%程度で推移しています。

 

受験者を講座の受講者のみに限られている資格の場合、最低限の知識やスキルを身につけていることが前提となりますから、どうしても合格率が高くなります。

 

一方、受験資格が設けられていない場合、初心者が試しに受験するケースも多く、受験者全体のレベルが低くなる傾向が見られます。そう考えると60%という合格率は決して低い数字ではないといえるでしょう。これから調剤薬局事務を目指したい人にとってよい選択肢となるのではないでしょうか。

 

また、受験資格が設けられていないということは通信講座や独学での対策も可能であることを意味しています。この技能認定試験には実技が含まれていますが、内容はレセプトの点検と作成。ですから日ごろからレセプトの作成をしっかり行っていれば十分に対策が可能です。

 

この資格に対応した通信講座や、日本医療事務センターが用意している過去問題集や受験対策セミナーなどを利用するのもひとつの選択肢でしょう。

 

このように、合格率もそこそこ高く、また難易度そのものも決して高くはないこの資格。仕事や家事に追われて忙しい人でも十分に対策が可能で、合格を目指すことができるはずです。調剤薬局事務関連の資格を取得したいと思っている人は目指してみてはいかがでしょうか。

 

調剤薬局事務の資格を取るならどこがいい?

調剤薬局事務講座を一括比較できるサービス

 

調剤薬局事務の資格取得1

 

ブラッシュアップ学び

調剤薬局事務の資格取得2

詳しくはこちらをクリック

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

 

調剤薬局事務の資格取得3

 

詳しくはこちらをクリック