MENU

調剤薬局事務の現状

調剤薬局事務を巡る現在の状況について

 

調剤薬局事務の仕事に注目が集まっている背景には、現代の日本社会が置かれている状況が関係しているのでしょう。

 

まずあげられるのが、長引く景気の低迷。なかなか仕事が見つからず、見つかっても待遇面や安定性に不安がある、そんな状況が増えています。しかし調剤薬局事務の仕事は全国規模で人材が求められており、しかも不況の影響を受けにくい環境で働けます。またレセプト作成など適度な専門性も求められるため、経験者や資格保持者は希望に合った就職先を自分で選べる環境も得られます。

 

さらに調剤薬局の増加。全国的に調剤薬局が増えています。高齢化の進行による需要の増加に加え、医薬分業の推進による病院からの調剤薬局の独立化なども理由として挙げられます。調剤薬局が増えれば当然事務職の求人も増えるわけです。

 

現状における問題点

 

このように、この仕事にとって現状は明るい方向に向かっているといえますが、問題点もあります。

 

それは「どのようにしてなればいいのか」。ニーズが高いにも関わらずこの仕事に就くためのルートがまだまだ不明瞭なのです。看護師や薬剤師のように国家資格といった必須の資格がなく、誰でもなれる一方、まったくの未経験者がすぐに採用されるのが難しい面もあります。

 

さらに、調剤薬局事務に関わる民間資格が多数存在している状況で、どの講座を取得すればよいのかよくわからないといった問題も出てきます。せっかく資格を取得したのに就職活動の際に、ほとんど役に立たないなどいったことが無いように注意をしましょう。

 

高齢化の進行や医薬分業の状況を見れば将来性にも期待できますから、興味がある人は集中的に勉強をしておくといいかもしれませんね。

 

 

調剤薬局事務の資格を取るならどこがいい?

調剤薬局事務講座を一括比較できるサービス

 

調剤薬局事務の資格取得1

 

ブラッシュアップ学び

調剤薬局事務の資格取得2

詳しくはこちらをクリック

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

 

調剤薬局事務の資格取得3

 

詳しくはこちらをクリック