MENU

調剤薬局事務のニーズはどれくらいある?

ニーズの増加

日本の高齢社会の加速に伴い、調剤薬局事務のニーズもどんどんと高まっています。さまざまな民間資格が登場しているのも、それらの資格取得を目指す人が増えているのも、社会的なニーズが高まっているからだと言えるでしょう。

 

調剤薬局事務の資格は民間資格であり、仕事に就くために必ず取得しなければいけないというものではありませんが、やはり仕事を探すうえで、経験やスキルなども採用基準になりますから、集中的に勉強をして必要なスキルを身につけることはとても大切です。

 

ニーズが高まっている理由

調剤薬局事務のニーズが高まっている一番の理由は、「医薬分業」の概念だと言えます。

 

もともと医薬は病院において一貫した流れのもと提供していました。医師が治療を行い、その処方箋に基づいて病院で薬が処方されていたのです。しかし、医薬をはっきりと分け、「治療」と「調剤」、あるいは「医師」と「薬剤師」の仕事を独立させていく流れが社会的に進んできています。

 

これは厚生労働省が推奨している施策で、この施策によって医師、薬剤師ともに今まで以上にプロフェッショナルな仕事が求められるようになります。患者の側からしてみれば処方箋さえあればどこの調剤薬局でも薬を処方してもらうことができるし、ジェネリック医薬品など自分の意思で薬剤の選択ができる余地も出てきますから、医療機関側も患者側も双方にとってメリットがあるのです。

 

医薬分業による事務職の重要性

医薬分業が進めば、独立した調剤薬局の数が増えます。またスーパーやドラッグストア内で処方箋の受付けをするケースも増えています。調剤薬局が増えれば、必然的に調剤薬局事務のニーズも高まってくるのです。

 

調剤薬局も独立して経営していく以上、会計や調剤報酬の請求などもしっかり行いサービス業としての魅力を高める必要がありますし、安定した経営を続けていくことが求められます。

 

そこで薬剤師だけで全ての業務をカバーするのは負担が大きすぎるため、事務職の存在が不可欠となってきたのです。医薬分業の流れは、今後もさらに進められていくでしょう。それに伴い、調剤薬局事務のニーズ、役割もますます増加していくことが予想されます。

 

ですから、採用に有利になることが目的で資格を取得するのではなく、現場で即戦力として通用するような専門的スキルを身につけることが大切になってくるのです。

 

調剤薬局事務の資格を取るならどこがいい?

調剤薬局事務講座を一括比較できるサービス

 

調剤薬局事務の資格取得1

 

ブラッシュアップ学び

調剤薬局事務の資格取得2

詳しくはこちらをクリック

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

 

調剤薬局事務の資格取得3

 

詳しくはこちらをクリック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【当サイトについて】

ニーズというものは、就職する上で実に重要なキーワードなのです。ニーズが高いということは、単純に需要が高いと言えますし、逆にニーズが低いと需要が低いといえます。相対的な関係であるのですが、単純にニーズが低ければ就職面で不利になるのかと言われればそうとも言い切れません。ニッチな産業であれば、ニーズは低くとも確実な固定客が付くので、意外と穴場として狙いが立つ点に注目すべきですよね。医療系のお仕事はニーズはあるものの、逆になり手が不足していて危機的な状況を迎えています。そんな中で、調剤薬局で働く事務員さんについてどの程度ニーズがあるものなのでしょうか?今回は、調剤薬局事務のニーズはどの程度あるのかについて紹介していきます。調剤薬局事務のニーズは?医療系全般ではニーズが高いと説明しましたが、実際に調剤薬局事務についてもニーズは確実に高まっているのが実情です。高齢化社会を迎えており、病院やドラッグストアの利用も確実に増えています。そうなれば、調剤薬局事務の仕事も確実に増加しているのです。仕事の増加により、当然の事ながらニーズという観点で見ても確実にアップしているのです。また、最近ではジェネリック医薬品が増加しています。選択肢が増えたことにより、調剤薬局事務の仕事は更に増加傾向を示しているのです。調剤薬局事務になりたい人は実に多いのですが、それ以上に需要があるジャンルとなっています。医薬分業の影響について。昔は、病院に行けば薬は院内の薬局で受け取ることが出来ました。ただ、1990年代に入り日本でも医薬分業の流れが加速し始めました。これにより、病院から離れた場所に調剤薬局が設置されることになりました。患者の視点で見れば、わざわざ病院から出て調剤薬局に出向かなければならないのは非常に面倒な話ですよね!調剤薬局事務という観点で言えば、この医薬分業によりニーズが増加したわけですが、今後はかかりつけ薬局が本格的に導入される予定です。これにより、更に調剤薬局に関する注目度はアップしますね。