MENU

調剤薬局事務の資格は本当に必要?

世の中には、多くの資格が溢れています。

 

例えば、運転免許のように資格を持っていないと車の運転ができないという、必須の資格もあれば、資格は必須ではなく持っておいたほうが良いというレベルのものが存在しています。

 

持っておいたほうが良いという資格の殆どが、民間資格であります。

 

病院の調剤薬局で働く調剤薬局事務についても、多くの資格がありますが実は資格を持っていなくても働くことができます。

 

じゃあ、こんな資格必要ないじゃん!とお思いかもしれませんが、実際に調剤薬局事務の資格は不要なのでしょうか?

 

今回は、調剤薬局事務の資格についての詳細を説明していきます。

 

調剤薬局事務の資格とは?

調剤薬局事務の資格は、主にレセプトの作成方法の能力アップを目的として制定されているものが多いです。

 

レセプトは、病院経営においても重要な収入となるため、この仕事は確実に行ってもらう必要があります。

 

そのことから、必須ではないものの資格を制定しているのです。

 

他にも、調剤薬局事務に関する知識や薬に関する知識を学習します。

 

資格を取得する方法は数多くありますが、どの方法を用いても最終的にはレセプトの作成が需要なテーマとなります。

 

資格は本当に必要?

では本題に入り、調剤薬局事務の資格は本当に必要なのかについて解説します。

 

単刀直入に言うと、資格は必要であると断言します!

 

それは、何度も説明しますが調剤薬局事務というのは非常に高いスキルを求められる資格である点が挙げられます。

 

レセプトの作成はもちろんの事、調剤薬局の顔として受付や会計も担当することになります。

 

コミュニケーション能力も問われますし、会計の正確性も重要なスキルとなります。

 

雇い主としては、誰にでも任せるわけには行かず、やはり資格を持っている人を雇用したいと考えるのは、当然の事といえます。

 

それもあり、やはり調剤薬局事務で働く上では、資格を持っておくべきと考えます。