MENU

【ニチイ】調剤薬局事務講座の口コミ・評判

調剤薬局の業務の流れの中で欠くことのできないのが、患者さんの保険情報の確認、調剤報酬ごとの点数算定といった事務作業の担当者です。

 

これら事務方の仕事に加えて、受付など、薬局内での患者さんへの接遇も、調剤薬局事務担当者の大切な仕事の1つです。

 

調剤薬局事務の基礎知識を学ぶニチイの「調剤薬局事務講座」のカリキュラムは、厚生労働省許可の公益法人である一般財団法人 日本医療教育財団が認定する内容となっています。

 

通学・通信・ウェブから選択

受講スタイルは、通学・通信・ウェブの3つから選ぶことができます。

 

受講修了後、認定試験を受け、合格したら財団に認定申請を行うことによって、『調剤報酬請求事務技能認定』の資格が取得できます。

 

全国展開の契約医療機関や介護事業所で広く知られるニチイの40年にわたる医事教育の経験から編み出されたテキストは、テーマごとに実践的な内容となっています。

 

◆医療保険制度と接遇マナー編…医療保険のシステムや保険制度を学びます。また、受付業務にも関わることから、接遇マナーの体得も目指します。

 

◆調剤報酬編…保険請求・調剤報酬の流れや、調剤報酬明細書の作成、チェックまでを学習します。

 

◆保健薬早見表…1万種余りの薬の中から学習に必要な薬をピックアップし、わかりやすい内容となっています。

 

◆マイベストノート…(「調剤報酬編」の学習進度に応じてチャレンジできる演習問題集)

 

在宅受験が可能

どの講座も、資格の認定試験は、在宅受験が可能となっています。

 

受講料は、通学(標準受講期間:2か月)/4万954円、通信(標準受講期間:4カ月)/33334円、ウェブ(標準受講期間:4カ月)/37038円となっています。

 

通信講座の受講者には、通学講座が2回まで受講できるサービスもあります。

 

ニチイでは、ユーキャンのような就職先の斡旋は行っていませんが、講座に関する口コミの多くが、「ニチイは医療業界に多くの人材を送り込んでいる点で、就職に有利な面がある」というものでした。