MENU

調剤薬局事務の資格を取得するメリット

取得することでどんなメリットが得られるのか

 

調剤薬局事務の資格はすべて民間資格になりますから、医療事務と同様、その仕事に就くために絶対に資格の取得が必要というわけではありません。極端な話まったくの素人が調剤薬局に採用され、経験を積みながら学んでいくことも可能です。

 

実際に、すでに調剤薬局事務で働いている人が資格取得を目指すケースも見られています。資格の取得が必須でないのであれば、わざわざ取得することにどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

なくても済むならそれに越したことはないと、考える人もいるでしょう。ただ、話は単純ではありません。調剤薬局事務の場合、受付や会計といった一般的な事務業務に加え、レセプトの作成があります。

 

調剤報酬を請求するために必要なもので、これがうまくできないと調剤薬局の経営そのものに関わってきます。いくら接客業に慣れている人でも、調剤薬局事務の経験がない人がすぐに適応できるような仕事ではないのです。

 

そのため、雇う側としてもそれなりの知識とスキルを求めてきます。経験者が優遇されるのはもちろんのこと、資格によって知識とスキルを証明できる人材を歓迎する傾向が見られます。ですから、調剤薬局事務の資格を取得するメリットの1つに、就職・転職の際に役立ってくれる事だといえるでしょう。

 

需要のニーズも後押し

 

調剤薬局事務の需要は、今後ますます高まるといわれています。医薬分業の概念が推し進められ、調剤薬局が増加傾向にあるのです。そうなれば、調剤薬局事務の需要もさらに高まっていきます。

 

その際、資格を取得していれば就職・転職活動を有利に運ぶことができるわけです。調剤薬局事務の仕事は、主婦の担い手が多いと言われますが、夫の転勤、あるいは家事や育児によるブランクから仕事に復帰する場合に、資格が大きく役立ってくれます。

 

調剤薬局事務の資格さえ持っていれば、全国どこにいても仕事に困ることはない、といっても過言ではないでしょう。医療関連の資格の中ではハードルが比較的低く、それでいて専門性もアピールできる魅力的な仕事だと言えます。さらには、通信講座で合格を目指すことが十分可能な点も、調剤薬局事務の資格が人気な理由の1つになっています。

 

調剤薬局事務の資格を取るならどこがいい?

調剤薬局事務講座を一括比較できるサービス

 

調剤薬局事務の資格取得1

 

ブラッシュアップ学び

調剤薬局事務の資格取得2

詳しくはこちらをクリック

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

 

調剤薬局事務の資格取得3

 

詳しくはこちらをクリック