MENU

調剤薬局事務の資格とは?

調剤薬局で働くというと、とても給料面でお得な印象を受けますよね。

 

調剤師が高給取りというイメージがあるのでそう思われているのでしょう。

 

実際に見ても、調剤薬局事務でもそこそこ給与面でメリットがあるお仕事であると言われています。

 

そんな調剤薬局事務には資格制度があるのですが、その資格ではどのようなものとなっているのでしょうか?

 

今回は、調剤薬局事務の資格の詳細について紹介します。

 

調剤薬局事務は国家資格ではありません…

調剤薬局事務の仕事は、メインとして調剤報酬明細書の作成となります。

 

患者さんに処方した薬の費用の一部を、保険者に請求することになるのですが、その請求のことを調剤報酬明細書と言います。

 

レセプトというフレーズでもおなじみであると思いますが、調剤報酬明細書を作るのに資格は必要ありません。

 

よって、調剤薬局事務を行う上で必要となる資格はありません。

 

但し、力量を持った方が実施して、確実に請求できることが望まれており、そういった方を育成するためのきっかけという意味で、民間資格として存在しているんです。

 

資格をとるための要件は?必要な知識は?

調剤薬局事務の資格を取る上での要件は何かあるのでしょうか?

 

実は、資格取得する上で要件は一切ありません。

 

誰でも、試験さえ合格すれば資格を取得することができます!

 

では、調剤薬局事務の資格をとる上で必要となる知識にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

試験内容より、必要となる知識を紐解いてみたいと思います。

 

試験には、学科と実技の2つの試験があり、両方をクリアしないと資格は取得できません。

 

学科の方は医療保障制度や公費負担医療制度などの法規に関する問題、保険請求事務や薬に関する知識についての出題が行われます。

 

次に実技ですが、実際にレセプトを作成したり、既に出来上がっているレセプトの点検を行う事になります。

 

以上のことから、調剤薬局事務の資格は医療系のある程度の知識を持っておかないと資格は取得できませんね。