MENU

調剤薬局事務の仕事内容とは?

薬剤師さんのサポート

 

調剤薬局事務は、医療事務と並んで女性に人気の仕事の1つです。調剤薬局で事務員として働くわけですが、調剤薬局事務に対する世間の認知度はまだまだ低いです。

 

仕事の内情についてもあまり知られていないこともあり、具体的にどのような仕事をしているのか知らない人も多いようです。

 

一言で言えば、薬剤師と患者の架け橋となり、薬剤師をサポートするのが役目です。かつては、調剤薬局では薬剤師が調剤・受付・会計などをすべて行ってきましたが、現在では、薬剤師は本来の調剤業務に専念をし、それ以外の仕事を事務員が担当することでより円滑な薬局運営を目指す所が増えています。

 

具体的な仕事内容

 

実際には、どのような仕事をしているのでしょうか。

 

まずは、受付と会計が挙げられます。患者の応対をし、処方箋に基づいて薬剤師に調剤してもらったうえで会計を行います。基本的には保険適応で3割負担となるので、そのあたりの計算も必要になってきます。

 

また、薬剤師が忙しい時は代わりに、患者さんに対して薬剤の内容や使用上の注意点などを説明することもあります。

 

次に、レセプトの作成です。調剤薬局事務員にとって、もっとも欠かせない仕事になります。調剤報酬を請求するうえでレセプトの作成は不可欠なもので、月末には1カ月分の調剤報酬をまとめて請求します。レセプトがうまく作成できないと、薬局が報酬を受け取れなくなってしまうため、経営にも関わってくる大切な仕事です。

 

他にも、備品や薬剤の原料を搬入する業者の対応や、納品書・請求書の整理などもやっていく事になります。さらに、薬局内の清掃・整理整頓・電話応対などもありますから、調剤薬局事務員の仕事は、とても幅が広いと言えるでしょう。

 

薬局が円滑に運営していくために、または、薬剤師が本来の自分の仕事に集中できる環境を作るために、調剤薬局事務の仕事は重要な役割を担っているのです。

 

スーパーやドラッグストアに調剤薬局が設置されるケースも増えていますから、今後もますます調剤薬局事務のニーズが高まっていくことが予想されます。

 

安定した求人と雇用環境、それに加えて、やりがいがある仕事。調剤薬局事務は、とても魅力的な仕事ですから、医療事務と並んで女性に人気があるのも頷けます。

 

調剤薬局事務の資格を取るならどこがいい?

調剤薬局事務講座を一括比較できるサービス

 

調剤薬局事務の資格取得1

 

ブラッシュアップ学び

調剤薬局事務の資格取得2

詳しくはこちらをクリック

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

 

調剤薬局事務の資格取得3

 

詳しくはこちらをクリック

 

 

 

 

 

【当サイトについて】

調剤薬局で働くとなると、とても難易度の高い資格を持っていないと働けないイメージがあるのですが、実は事務職だけであればそんなに難しい資格は持っている必要はありません。と言うか、資格がなくてもできる仕事がたくさんあるんです。勿論、薬の調合に関する仕事は出来ないのですが、調剤薬局事務という仕事であれば無資格でも仕事できます。ただ、調剤薬局事務は人気の職務であるので、調剤薬局事務の資格があるのでそれを取得しておいた方が良いですね。今回は、調剤薬局事務のしごと内容について紹介してまいります。調剤薬局事務とは、主に調剤報酬請求事務の仕事を行います。調剤報酬請求とは、お薬を処方する際に発生する費用を請求することを言います。費用と言っても、処方される患者さんからも当然頂きますが、保険者への請求が必要になります。その請求を行うためのレセプトと呼ばれている調剤報酬明細書を作成しなければなりません。これを毎月10日にまとめて保険者に請求し、翌月に報酬が還元される仕組みとなっています。請求は月一回のみ行えるものですので、仮に請求漏れがあると翌月まで請求できません。ミスが許されない仕事といえますね。保険者へのレセプト作成がメインのお仕事ですが、実際に患者さんが負担する分の費用も計算し、会計業務も行わなければなりません。保険者への請求と異なり、その場で即座に計算して費用を支払っていただかなければなりませんので、正確性とスピード感が重要になります。また、調剤薬局で唯一患者さんと顔を合わせる事になりますので、調剤薬局の顔と言っても過言ではありません。よって、ある程度の接客センスも問われる仕事になります。このように、調剤薬局事務は非常に重要な仕事を行っていきます。そこでは、やはり資格を持っていた方が効率よく仕事をすすめることができるケースが多いですね。