MENU

調剤報酬請求事務技能認定試験ってなに?

日本医療教育財団が認定する資格

 

調剤報酬請求事務技能認定試験は一般財団法人日本医療教育財団が認定している調剤薬局事務に関する資格です。調剤薬局事務のニーズが全国規模で高まっているなか、それに相応しい知識やスキルを証明するための資格にも注目が集まっています。

 

この資格はそんな調剤薬局事務に相応しい人材を認定するための資格であるとともに、職業能力の向上、さらに社会的地位や認知度の向上を目指して行われています。調剤薬局事務に関する民間資格が多数ありますが、その中でも有名な資格のひとつといえるでしょう。

 

この調剤報酬請求事務技能認定試験の特徴は大きく分けて2つ。まず医療の分野で積極的に進められている医薬分業に対応するため、適切な教育訓練ガイドラインを作成し、それをもとに試験を実施していること。その分専門職としての面を強く押し出しており、高いレベルが求められています。

 

もうひとつは課程修了による技能認定。つまり、あらかじめ所定の教育機関で所定のカリキュラムを修了し、その上で修了試験を受ける必要があるのです。多くの調剤薬局事務の資格は受験資格を設けていませんから、この点は大きな特徴となるでしょう。

 

試験の概要

 

試験は学科と実技の2種類。学科は以下の6科目となります。

 

医療保険制度
高齢者医療制度
公費負担医療制度
医事法規一般
薬学一般
保険薬局業務

 

三肢択一式の試験で、6科目で合計25問以上が出題されます。一方、実技は以下の2科目。

 

調剤報酬明細書の作成
調剤報酬明細書の点検

 

なお、試験は80分、資料などの持込が可能となっています。

 

合格基準は学科・実技両方で90%以上の得点率を獲得すること。合格率は発表されていませんが、過程を修了した人が受験する形となっているため、数字そのものは高いとされています。

 

しかしながら、言うまでもなく難易度そのものが低いというわけではありません。課程を修了すれば合格への道筋が開ける。その意味では学びやすく、取得しやすい資格ともいえるでしょう。

 

調剤薬局事務の資格を取るならどこがいい?

調剤薬局事務講座を一括比較できるサービス

 

調剤薬局事務の資格取得1

 

ブラッシュアップ学び

調剤薬局事務の資格取得2

詳しくはこちらをクリック

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

 

調剤薬局事務の資格取得3

 

詳しくはこちらをクリック