MENU

調剤薬局事務の年収はどれくらい?

調剤薬局で事務関連の仕事を担当する調剤薬局事務。医療業界という安定した業種、そして医薬分業の進行にともなう将来性といった魅力から就職・転職先として人気の職種の1つです。

 

では、この仕事の年収は一体どれぐらいなのでしょうか。

 

調剤薬局事務の年収は約300万円弱が業界の平均となります。「平均月収20万円×12ヶ月+各種手当・ボーナス等」を入れると、大体このくらいだと予想されます。

 

正直まだまだ調剤薬局事務という職業自体が新しいので、他の職種のような明確な平均年収の数字を出すことは難しいです。正社員・アルバイト・パートと就業スタイルも違えば、当然年収も変わってきます。

 

また、特にアルバイトやパートで働く主婦の中には、自分の収入を夫の「扶養者控除の範囲内」に収めるために、103万円未満に設定して働いている人もいますので、年収の平均はあくまで参考程度として考えて下さい。

 

他業種の仕事と比較してみると、調剤薬局事務の年収は、医療事務と同水準、一般企業の事務職に比べると少し高い水準にあると言えます。調剤薬局事務の年収は決して高いとは言えませんが、長期的に安定して働けることを考えれば良い選択かもしれません。

 

主婦にとって魅力的な仕事

 

調剤薬局事務のメリットは、他のアルバイトに比べて時給が高い、安定した調剤薬局の経営状況、転勤などで引っ越しても新しい職場を見つけやすい、家庭環境に合わせて働くことができること等があげられます。

 

一家の主が家庭を支える職業として考えると年収はやや心細いものの、主婦が「家計」を支えるための仕事と考えれば魅力的な職業だと言えるでしょう。

 

調剤薬局事務の資格を取るならどこがいい?

調剤薬局事務講座を一括比較できるサービス

 

調剤薬局事務の資格取得1

 

ブラッシュアップ学び

調剤薬局事務の資格取得2

詳しくはこちらをクリック

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

 

調剤薬局事務の資格取得3

 

詳しくはこちらをクリック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【当サイトについて】

医療系のお仕事って、給料面で見るととても魅力的ですよね。もちろん、それ以上に責任感が問われる仕事ではありますが、それにしても高い給料を得ることができます。個人経営の病院の医師の場合、とてつもない額の給料をゲットできます。非常に魅力を感じる仕事ですよね!そんな医療系の仕事の中で、調剤薬局事務の場合は給料という面で見た場合、どの水準となっているものなのでしょうか?今回は、調剤薬局事務の給料水準について解説していきます。調剤薬局事務の給料水準は?調剤薬局事務として働く場合、実は正社員だけでなくパートやアルバイトというケースも多くあります。また、病院近くの調剤薬局とドラッグストア等でも微妙に給料水準は異なってきます。まずは、代表的な病院近くの調剤薬局の水準を紹介しますと、月収では手取り18万円程度であると言われています。一般企業の平均的な給料とほぼ同等のレベルですね。調剤薬局事務では、調剤報酬請求という重要な仕事があり、その請求の納期前は非常に忙しく、残業や休日出勤も必要になります。残業や休日出勤を行えば、更に月収はアップすることになります。ただ、パートやアルバイトとなると当然ここより低い水準で働くことになります。その分だけ、自由に勤務できるメリットは有ります。ドラッグストアで働く調剤薬局事務の給料は?ドラッグストアで働く調剤薬局事務の給料はどのようになっているのでしょうか?イメージ的には、あまり高い給料をもらっていない印象がありますが、実はそんなことはありません。むしろ、月収ベースではドラッグストアで働いた方が高いケースがあります。ただ、これにはからくりがあります。というのも、最近のドラッグストアは朝早くから夜遅くまで営業している店舗がほとんどです。1日8時間勤務ではカバーしきれない点があるので、シフト勤務で対応するケースがあります。シフト勤務を行えば、一般的には手当がつきますので、その手当分を付加するとドラッグストアの方が給料が高くなるのです。