MENU

調剤薬局事務員の勤務時間

調剤薬局の営業時間

 

調剤薬局事務員の勤務時間は、勤務する調剤薬局の営業時間と密接に関わってきます。そして調剤薬局の営業時間は、近隣にある医療機関の営業時間と密接な関わりがあります。

 

多くの調剤薬局は病院に隣接して建てられており、その病院の受付時間に合わせて営業時間が設定されています。

 

ただ、調剤薬局の場合、患者が病院で治療を受けたあとに処方箋をもって訪れるケースが多いため、閉店時間は遅めになります。具体的な時間は各調剤薬局によって異なりますが、午後9時〜22時くらいまで営業するところも少なくありません。

 

1日の勤務時間は?

 

もちろん、営業時間がそのまま勤務時間ではありません。準備・後片付けなどもありますから、その前後も含まれます。通常朝は10時開店に合わせて8時半〜9時くらいから勤務が始まることが多いです。

 

夜は閉店後1時間後くらいまで。もちろん、1日中働くわけではありません。調剤薬局事務員はアルバイト・パートの形で雇用されることが多いため、勤務時間の中から都合の良い時間を選んで働くことになるでしょう。

 

シフト制を敷いているところも多く、フルタイムで働いたり、あるいは1日2〜3時間程度働くなど日によって変えることも可能です。家庭を持っている人は子供が学校にいる間に働くこともできるでしょう。

 

あらかじめ午前のみ、あるいは午後のみに分けて勤務時間を決めている調剤薬局もあります。少しでも収入を増やしたい人はフルタイムで働いてもよいですし、あくまで家庭を優先したい人は都合のつく範囲内で勤務時間を決めると、ライフスタイルに合わせた勤務が可能です。

 

もうひとつ、覚えておきたいのが休日。これも隣接する病院に合わせていることが多く、休日に診療を行っている病院の場合には調剤薬局も開いています。そのため、休日出勤が求められることもあるので注意したいところ。

 

平日の3時間勤務と休日の3時間勤務では事情が異なる人も多いでしょう。この点は面接の際にしっかりと確認しておきたいところです。

 

調剤薬局事務の資格を取るならどこがいい?

調剤薬局事務講座を一括比較できるサービス

 

調剤薬局事務の資格取得1

 

ブラッシュアップ学び

調剤薬局事務の資格取得2

詳しくはこちらをクリック

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

 

調剤薬局事務の資格取得3

 

詳しくはこちらをクリック