MENU

調剤薬局事務の今後

明るい将来像

 

調剤薬局事務のニーズが年々高まっています。調剤薬局事務という職業そのものが、ここ数年で急速に知られるようになりました。

 

なぜ、この数年でここまで知名度が上がってきたのでしょう。

 

理由の1つに「職場の増加」が挙げられます。別のページでも書きましたが、医療業界では医薬分業の流れが推し進められています。もともと医薬は病院において一貫した流れの中で提供していました。医師が治療を行い、医師が作成した処方箋に基づいて病院で薬が処方されていたのです。

 

しかし、医薬をはっきりと分け、「治療」と「調剤」、あるいは「医師」と「薬剤師」の仕事を独立させていく流れが社会では進んでいます。それに伴い、調剤薬局も必然的に増加していきますので当然事務職の需要も増えると言えるでしょう。

 

そして、2つ目の理由が「高齢化の進行」です。病院にかかる人、薬剤が必要な人達も増えています。日常的に通院をしながら、調剤薬局で調剤をしてもらう人もたくさんいます。調剤薬局では、そうした人たちの受け皿としての役割が求められているのです。

 

今後さらに、患者さんと薬剤師の架け橋として需要が増してくる仕事となってくるでしょう。

 

今後の展開について

 

明るい将来像ばかりではありません。問題もあります。

 

需要が高まる一方、求人を募集する際に即戦力を希望する調剤薬局も増えてきました。調剤薬局事務は必須資格も特になく、専門知識さえあれば、誰でも働くことがことが出来ます。

 

しかしこの仕事を希望する人がこの先もどんどんと増えていった場合、経験者や専門知識を持つ資格取得者が採用の際に有利に働くことになるでしょう。

 

調剤薬局事務の今後は、良好だと言えます。しかしその明るい環境で働くためには、それに相応しい知識・スキル・心構えが不可欠なのです。

 

調剤薬局事務の資格を取るならどこがいい?

調剤薬局事務講座を一括比較できるサービス

 

調剤薬局事務の資格取得1

 

ブラッシュアップ学び

調剤薬局事務の資格取得2

詳しくはこちらをクリック

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

 

調剤薬局事務の資格取得3

 

詳しくはこちらをクリック