MENU

調剤事務管理士技能認定試験|難易度はどれくらい?

調剤事務管理士技能認定試験を受験しようとされている方にとっては、その難易度は気になる部分だと思います。

 

ここでは、調剤事務管理士技能認定試験の難易度について、ご説明していこうと思います。

 

調剤事務管理士技能認定試験の難易度はどれくらいなの?

こちらの試験は、会場受験と在宅受験の2種類があります。

 

通常の申し込みを行う場合には会場受験となりますが、ユーキャンの調剤薬局事務講座を受講し修了すると、在宅受験を行うことが可能となります。

 

在宅受験となれば、テキストや資料などを見ながら受験することが出来ますので、難易度はぐんと下がります。

 

自宅ということで緊張する要素がありませんし、遠くの会場まで出向く必要がありませんので、普段育児や家事、仕事などで忙しい方にもピッタリです。

 

とはいえ、やはりしっかりと知識を身につける学習を行っていなくては、いくらテキストを見ながら受講できるとはいっても、合格するとは限りません。

 

油断することなく、しっかりと学習を重ねていく事が大切になります。

 

また、こちらの試験の合格率は、60%程度とされています。

 

この合格率や、試験の概要、条件次第では在宅受験が可能という点などを踏まえると、難易度の高い試験ではないということが言えそうです。

 

試験内容を見てみると、学科と実技に分かれており、学科は10問程度の問題がマークシート形式で出題されます。

 

文章の穴埋めなどがあり、筆記でもないことから、内容を理解してさえいれば難しくはないと思われます。

 

実技ではレセプトの作成や点検を行いますが、こちらの場合にも資料を見ながら作成や点検を行いますので、そこまで難しくは無いと言えます。

 

合格ラインは、学科が100点満点中の70点以上、実技が1問につき50%以上の全体で70%以上となっています。

 

もともと調剤薬局事務が取り扱う分野は、医療事務などとは違い、薬剤の分野のみとなります。

 

学習範囲が限定されているために、難易度はあまり高くなく、無理なく学習を進めて資格を取得できるものだと言えます。