MENU

最短で調剤薬局事務員になるには?

最短でどのぐらいでなれるのか?

調剤薬局事務スタッフ

調剤薬局事務員の資格はそれほど難易度が高くないと言われています。

 

合格率は50〜70%くらいです。事前に、主催団体が実施する講座を受講する必要はありますが、総じて合格率は高いと言ってよいでしょう。

 

そのため、全くの初心者から、短期間で調剤薬局事務員を目指す人も数多くいます。

 

では、最短ならどのぐらいの期間でなることができるのでしょうか。

 

調剤薬局事務員になるまでの期間には、その人の能力や頑張りといった個人差も関係してくるために、一般的な目安を出すことは難しいです。

 

しかし、通信講座の中には短期集中講座もあり、一般的には1ヶ月程度、短いものであれば1週間程度集中して勉強に臨むことで資格を取得することも可能です。こうした短期集中講座を受講して、合格をしている人もいる訳ですから、頑張り次第では、短期間で資格を取得することも可能だと言えます。

 

最短で合格するための方法

調剤薬局事務の勉強

ただ、できるだけ短い期間で調剤薬局事務員になるためには、それなりに工夫が求められます。

 

例えば、独学で目指す場合に、テキストの選択や勉強方法の模索など、どうしても時間と手間がかかってしまうため、短期間での資格取得にはあまり向きません。

 

通学制のスクールを利用する手もありますが、こちらは短期間で集中して学ぶコースが用意されていないうえに、通学の手間と時間が掛かってしまいます。

 

ですから、最短で調剤薬局事務員を目指す場合には、通信講座を活用する事がもっとも理想的な選択となります。自分の都合に合わせて、必要なら1日中勉強を続けることもできますので、極端な話、4ヶ月分のカリキュラムを数週間で終わらせることも可能です。

 

もちろん、短期集中で勉強すればよいというわけではありませんが、通信講座なら効率よく、時間の無駄を最小限にとどめながら学んでいくことができるメリットがあります。

 

できるだけ早くなりたい、あるいは資格の試験が間近に迫っている、そんな場合には通信講座の短期集中講座を試してみてはいかがでしょうか。

 

それで合格できれば、それでよし。もし不合格だった場合でも、合格保証が付いている講座であれば無料で延長受講が可能ですし、合格保証が無ければ一般講座を再受講、勉強をし直したのちに試験に再挑戦するのも1つです。

 

調剤薬局事務の資格を取るならどこがいい?

調剤薬局事務講座を一括比較できるサービス

 

調剤薬局事務の資格取得1

 

ブラッシュアップ学び

調剤薬局事務の資格取得2

詳しくはこちらをクリック

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

 

調剤薬局事務の資格取得3

 

詳しくはこちらをクリック

 

 

 

 

 

【当サイトについて】

場合によっては命に関わる重要な職場である調剤薬局ですが、その中で事務員として働くためには調剤薬局事務員の資格を取得すると良いと言われています。決して必須の資格ではないものの、人気急上昇中でなり手が多くなっているので、調剤薬局事務員の資格を持っていたほうが就職する上では有利に働くのは間違いないです。調剤薬局事務員の資格は、特に資格要件はないので誰でも取得できますし、独学でも取得できる資格なんです。では、調剤薬局事務員になるためにはどのような方法があり、どれで最短で取得できるのでしょうか?今回は、調剤薬局事務員の資格取得について説明します。調剤薬局事務員の資格は、先に紹介しましたが資格要件はないので、いきなり試験を受けることもできますが、それははっきり言って無謀です。そんなに甘い試験ではありません。資格を取得するためには、通信講座を受講するか、調剤薬局事務に関する専門学校に進学したり通学講座を受けるのが効率が良い方法です。通信講座は多くの会社で取り扱っていますが、期間としては概ね4ヶ月を目安としています。これは、他の多くの資格と同じ期間ですね。単なる通信講座ではなく、メールや電話などでサポートを受ける事もできますので、完全に理解するための体勢が整っていると言えますね。通学講座の場合は、まずは近くに学校があるかどうかで変わってきます。地方ですと受講する場がない…ということも考えられますが、基本的には主要都市では受講することができます。期間としては標準で2ヶ月を想定したコースを組む会社が多いですね。試験はなんと自宅で受講可能なんです!よって、主な学習方法の中では、通学講座が最短で資格取得できる方法となります。ただ、独学で効率的な学習を積めば、もしかしたら2ヶ月より短く取得できるかもしれませんね。