MENU

調剤薬局事務講座の申込者数ランキング

ニチイの調剤薬局事務講座の特徴

 

調剤薬局事務講座の選択肢として、調剤薬局事務講座は通信教育を取り扱っている業者で選ぶのが一番の近道です。そんな業者のひとつがニチイ学館。調剤薬局事務にとどまらず、さまざまな資格の講座を用意していることでも有名です。

 

調剤薬局事務講座を用意する業者も増えてきており、どこを選んだらよいのか迷っている人も多いのではないでしょうか。どこも同じように思われがちですが、実際には内容や質に大きな違いが見られます。

 

まずニチイの場合、通信と通学の2種類が用意されているのが特徴で、通学し、モチベーションと緊張感を維持しながら学んでいきたいと思っている人にオススメです。もうひとつ忘れてはならないポイントはこの講座は財団法人日本医療教育財団が実施している調剤報酬請求事務技能認定の合格を目指すためのものであること。

 

まず自分がどの資格を目指しているのかを確認することも忘れないようにしましょう。

 

ニチイの調剤薬局事務講座のポイント

 

ではニチイ学館の講座ではどのような特徴が見られるのでしょうか。

 

1.通学では短期間での集中講座が用意されていること

合計の授業時間は10時間。5時間を2回、2.5時間を4回など好みに合わせてコースを選ぶことが可能です。

 

2.通信講座の場合は3ヵ月程度の期間でのコースから1週間での学習が可能な短期集中コースまで用意されている

試験までの日程に合わせて勉強の計画を練ることができます。

 

3. 質問や問い合わせを電話やファックスで行うこともでき、しかも質問も無制限で受け付けている

これらのポイントは通信講座の弱点である「一方通行」な感覚を克服し、疑問やわからないところを最後まで徹底して学んでいける環境が用意されているのです。なお、料金は通学制が24150円、通信制が19950円、一括払いと分割払いの好きな方を選べます。

 

無料で資料請求を依頼することもできますから、興味がある人はまず具体的にどのような内容なのかを確認してみるとよいでしょう。調剤報酬請求事務技能認定の取得を目指している人にとってはよい選択肢となるのではないでしょうか。

 

 

ユーキャンの通信講座

 

ユーキャンといえば、資格取得のための通信講座では、とても有名な大手業者になります。扱っていない資格はないのではないか、と言われるほどの多彩な講座を用意しているのが大きな特徴です。

 

もちろん調剤薬局事務の講座も用意されており、ユーキャンでは「調剤事務管理士技能認定試験」の合格を目指したコースが設定されています。評価の高さ、安心感などもあり、これから調剤薬局事務の資格取得を目指す人にとってよい選択肢となるでしょう。

 

ユーキャンの講座の特徴

 

1.毎日短時間の勉強で続けていくことができる

通信講座の場合、いかにモチベーションを維持していけるかがポイント。いくら優れたテキスト・カリキュラムでも長時間の勉強を強いるような内容では続きません。

 

その点ユーキャンは1日分が45〜60分程度。仕事や家事などで忙しい人でも無理なく続けていけます。

 

2.延長可能なコース設定

ユーキャンの調剤薬局事務講座では4カ月が標準の学習期間となっています。しかしさまざまな事情でこの期間内で勉強を終わらせることができない人もいるでしょう。途中で挫折したものの、やっぱりやり直したいといったケースもあるはず。

 

そんな時には12カ月まで延長が可能で、添削指導や問い合わせなども可能です。自分のペースで進めていける魅力的な設定といえるのではないでしょうか。

 

3.気軽に質問できる環境

通信講座の場合、自分でわかったつもりになってしまうのが厄介な点。また身についている手ごたえを感じられずモチベーションが低下してしまう面もあります。ユーキャンではメールやファックス、郵便などで質問を受け付けており、わからないことがあった時にはすぐに問い合わせが可能となっています。

 

こうしたサポート体制の充実によって長く続けていける環境が整えられているのです。

 

身についている実感を味わうことができれば自然と続くようになりますし、楽しみながら学習していくことができます。ユーキャンの調剤薬局事務講座はそんな魅力的な環境が揃っているといえるでしょう。