MENU

調剤薬局事務と医療事務の違い

どちらもニーズが高まっている状況

 

医療業界では事務職のニーズが高まっています。受付業務や会計、あるいはレセプトの作成。こうした仕事を看護師や薬剤師が行うケースが多かったのですが、医療の細分化・専門化、あるいは人手不足の影響もあり、どの仕事も自らの専門領域に専念することが求められるようになっているのです。

 

その結果、事務を専門に行う役割が求められるようになっています。医療事務と調剤薬局事務はその象徴ともいえる存在なのです。

 

医師や薬剤師、看護師のような専門的な知識こそないものの、セレプトの作成や医療・薬剤に関する基礎的な知識が求められるほか、受付業務を通して患者との窓口となる重要な役割を担うことになります。

 

どのような違いがあるのか

 

では医療事務と調剤薬局事務の間にはどのような違いがあるのでしょうか。たとえば医療事務が転職先に調剤薬局事務を選ぶことは可能なのでしょうか、転職後すぐに業務に適応できるのでしょうか。

 

具体的な違いはいくつかありますが、決定的といえるような違いはないのも事実です。もともとこの2つの仕事が別々のものと扱われるようになったのは医薬分業が積極的に推し進められ、病院と調剤薬局が別々になっている状況によるもの。

 

どちらもメインの仕事は受付業務とレセプト作成です。異なる点といえば調剤薬局事務の場合はカルテの代わりに患者の薬歴簿を作成すること、薬剤師に代わって調剤した薬剤の説明を患者に行うことがあること、あとは診療報酬の代わりに調剤報酬の計算・請求を行うことくらいです。

 

ですから、医療事務で培ってきた知識・スキルを調剤薬局事務に応用することもできるでしょうし、その逆も可能でしょう。ただ、医療事務、調剤薬局事務ともに民間資格が存在しており、それぞれ専門の資格を取得したほうが就職・転職には有利になります。

 

業務上の注意点として違いを把握しておき、必要なら両方の資格を取得すれば就職・転職先の幅が広がるのではないでしょうか。どちらも今後のニーズの高まりが期待できる仕事だけに注目したいところです。

 

調剤薬局事務の資格を取るならどこがいい?

調剤薬局事務講座を一括比較できるサービス

 

調剤薬局事務の資格取得1

 

ブラッシュアップ学び

調剤薬局事務の資格取得2

詳しくはこちらをクリック

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

 

調剤薬局事務の資格取得3

 

詳しくはこちらをクリック