MENU

調剤薬局事務の資格を取得する難易度はどれくらい?

調剤薬局事務資格の合格率

 

調剤薬局事務は、レセプトの作成などある程度専門的な知識が要求されます。またパソコンを使った業務も当たり前となっているため、いきなりの初心者がすぐに適応できるような仕事ではなくなっています。

 

それだけに調剤薬局事務の資格を取得し、求められる知識やスキルを備えていることを証明することが採用を決める重要なポイントとなるのです。

 

ではその資格の難易度はどの程度となっているのでしょうか。できればなるべく簡単な試験を選びたいと思うのは誰にでも共通した希望でしょう。

 

調剤薬局事務の資格はすべて民間の資格ですから、極端な話どれを選んでもそれほど変わりありません。難易度の低いところを選んで取得を目指すのもひとつの方法なのです。

 

難易度を見極めるひとつの目安となるのが合格率。具体的な数字はどうなっているのでしょうか。まず調剤事務管理士。この資格は平均の合格率が約55%。高いと見るか低いと見るかはひとそれぞれでしょうが、受験するためのハードルの低さを考えるとそれほど高い難易度とはいえないようです。

 

一方、調剤報酬請求事務専門士で1級〜3級の3種類があり、もっとも難易度が高い1級では約20%と低い数字となっています。2級は約40%、3級は約60%となっています。3級は逆に難易度が低いため、少しずつレベルアップしていくのもよいでしょう。

 

難易度と資格の重要性について

 

先ほどどの資格を取得してもそれほど変わらないと書きましたが、やはり難易度の高い資格の方が高い評価を得る面はあるようです。

 

特に調剤報酬請求事務専門士の場合、2級、3級よりも1級のほうが採用の際に有利になることは間違いありません。

 

そのため、まずは難易度の低い資格を取得して一定の知識やスキルを証明し、調剤薬局事務で働きながらさらに高い難易度の資格を目指すことも求められます。こうした向上心も調剤薬局事務には必要となってくるでしょう。

 

調剤薬局事務の資格を取るならどこがいい?

調剤薬局事務講座を一括比較できるサービス

 

調剤薬局事務の資格取得1

 

ブラッシュアップ学び

調剤薬局事務の資格取得2

詳しくはこちらをクリック

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

 

調剤薬局事務の資格取得3

 

詳しくはこちらをクリック