MENU

どうすれば調剤薬局事務員になれる?

調剤薬局事務員になるためのルート

 

調剤薬局事務員は、看護師や薬剤師のようになるために求められる基本的なルートは存在しません。

 

そもそも、なるために必須となる資格もありませんから、ある日、突然、調剤薬局事務員としてバリバリ働くケースだって考えられますが・・・そんなケースはごく稀です。

 

やはり、多くの職業と同様、なるためには大きく分けて2つのルートがあります。

 

まず一つ目が、未経験の状態から薬局に就職、実務経験を通して知識やスキルを学んでいくルートです。中には、未経験を歓迎している調剤薬局もありますから、習うより慣れろ、と思っている人にはおすすめの方法になります。

 

なお、この場合、採用後しばらくの間は研修期間が用意されています。

 

2つ目は、資格を取得した上で就職活動を行うという方法です。年々、調剤薬局事務の認知度は高まりを見せており、現在ではこちらの方が主流だと言ってもよいでしょう。

 

調剤薬局事務の仕事への関心が高まったことで、ユーキャンなどの専門資格の認知度も随分と高まってきました。資格を取得することで、実務経験がなくても業務に必要な知識やスキルを最低限備えていることを証明することができるのです。

 

資格には、複数の種類がありますが、どれも難易度はそれほど高くなく、自分に自信をつける意味でも、基本的な知識を正確に身につけるためにも、資格を取得することは大切です。

 

自分に合った選択肢を

 

冒頭にも挙げたように厳密に、こうしなければいけない、という決められたルートはありません。自分に合った選択肢でベストを尽くす、というのが調剤薬局事務員になるための基本的な心構えになります。

 

上記で挙げた以外にも、調剤薬局に採用され、実務経験を積みながら資格取得を目指す方法だって考えられます。そうすることで、転職やパート・アルバイトから正社員への採用の際にも役立ってくれるでしょう。

 

また、資格を取得したからといって、必ずしも自分が望む職場に就職できるとも限りません。時には、実務経験があっても、就職の際にあまり評価されないケースだってあります。

 

しかしながら、もしあなたが業界未経験で、調剤薬局事務として働きたいと考えているのであれば、複数ある講座の中から自分がもっとも続けやすく、やりやすいと思える講座を受講し、専門知識を学ぶことは決して無駄にはならないでしょう。

 

さまざまなルートは存在しますが、実務に役立つ基本的な知識を身につけ、そのスキルを証明するために資格を取得することが、調剤薬局事務の仕事に就く1番の近道だと言えるのではないかと思われます。

 

調剤薬局事務の資格を取るならどこがいい?

調剤薬局事務講座を一括比較できるサービス

 

調剤薬局事務の資格取得1

 

ブラッシュアップ学び

調剤薬局事務の資格取得2

詳しくはこちらをクリック

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

 

調剤薬局事務の資格取得3

 

詳しくはこちらをクリック