MENU

調剤報酬請求事務技能認定試験の合格率

もっともポピュラーな資格

 

調剤報酬請求事務技能認定試験は数ある調剤報酬事務関連の資格の中でも最も有名なものといってよいでしょう。主催は日本医療事務協会。

 

なお、似たような名称で調剤報酬請求事務技能認定もあります。こちらは財団法人日本医療教育財団が主催している資格です。調剤薬局事務として働きたい人はこれらの資格の取得をまず目指すことになります。

 

この資格では調剤薬局において必要な知識やスキルを認定する資格で、資格取得をきっかけに調剤薬局への就職を目指す場合と、すでに調剤薬局で働いている人が自らの知識やスキルを証明するために取得を目指すケースに大きく分けられます。

 

すでに実務経験を持っている人にとっても魅力的な資格であることが窺えます。なお、試験にはレセプトや調剤録を作成する実務と医療保険制度、薬剤基礎知識、保険調剤の知識を問う学科試験の2種類があります。

 

合格率は?

 

では調剤報酬請求事務技能認定試験の合格率はどうなっているのでしょうか。資格取得を目指す場合、合格率が気になる人も多いでしょう。合格率の数字はそのまま資格そのものの難易度を意味します。できれば難易度が低い資格を選びたいものでしょう。

 

合格率の平均は約70%以上。この数字を見れば非常に高く、難易度が低いように思えます。ただし、だからといって誰でも簡単に受かる可能性があると判断するのは早計です。この資格の場合、受験者の多くは日本医療事務協会による調剤事務講座を修了しているのです。

 

つまり、適切な講座によって調剤薬局事務に関する必要な知識・スキルをある程度身につけている人が受験している状況なのです。それに加えて先ほど挙げたすでに実務経験を重ねている人も受験しています。そのため、独学など自分で対策を行って受験する人の合格率はもっと低くなることが予想されます。

 

ですから、この資格の取得を目指す場合にはまず講座を受講することが大前提となるでしょう。合格率の高さだけに惑わされず、油断せず適切な対策を行うようにしましょう。

 

調剤薬局事務の資格を取るならどこがいい?

調剤薬局事務講座を一括比較できるサービス

 

調剤薬局事務の資格取得1

 

ブラッシュアップ学び

調剤薬局事務の資格取得2

詳しくはこちらをクリック

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

 

調剤薬局事務の資格取得3

 

詳しくはこちらをクリック