MENU

調剤薬局事務として働く3つのメリット

1,ライフスタイルに合った働き方が可能

 

医療事務なども同様ですが、家庭と両立しながら、自分のライフスタイルに合わせて働けることは大きな魅力の一つです。主婦に人気の理由もこの辺りが大きいのではないでしょうか。

 

調剤薬局では大半、事務職をパートやアルバイトで雇用しています。そのため働く日時をあらかじめ決め、あとは自分の予定や都合に合わせて働いていくことができます。

 

また全国的に調剤薬局がどんどんと増えているため、近所で働き口を見つけやすい事も人気の1つです。特に家庭を持ち、家事・育児・仕事を全てこなしていかなければならない主婦にとっては、職場が自宅に近く、通勤の便に恵まれていることは大きなメリットになるでしょう。

 

もちろん、非正規雇用ような雇用環境の不安定さもありませんし、夜勤や休日出勤といった不規則な就業もありませんので安心です。

 

2,調剤薬局のニーズが高まっている

 

「高齢化の進行」「医薬分業の推進」に伴って、調剤薬局のニーズは日々高まっています。薬局のほとんどは経営状況が安定しており、一般企業のような会社の経営が不安定だからリストラされる、または薬局そのものが潰れてしまうといった心配も少ないです。

 

そのため、長期に渡り安定した職場環境で働いていくことが可能なのです。今後さらに高齢化は加速していきますので、どんどん需要が高まってくる仕事だと言えます。

 

3,専門的な知識・スキルが身につく

 

調剤薬局事務として働くことで、専門的な知識・スキルを身につけることが出来ます。もっとも代表的なものが「レセプトの作成」でしょう。調剤薬局事務と一般の事務職の1番の違いは、国で定めている調剤報酬点数表に基づいてレセプトを作成し、国民健康保険や保険組合に薬代を請求する業務がある点です。

 

このような専門スキルを身につけることで、調剤薬局の需要がある限り、全国どこにいても仕事先を見つけることが可能です。夫の転勤や家庭の事情で引越しをする場合でも、比較的容易に新しい職場を見つけることが出来るでしょう。

 

また調剤薬局事務は看護師や薬剤師といった専門職に比べるとハードルは低く、初心者、未経験者からでもなりやすい職業だと言われています。

 

調剤薬局事務の資格を取るならどこがいい?

調剤薬局事務講座を一括比較できるサービス

 

調剤薬局事務の資格取得1

 

ブラッシュアップ学び

調剤薬局事務の資格取得2

詳しくはこちらをクリック

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

 

調剤薬局事務の資格取得3

 

詳しくはこちらをクリック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【当サイトについて】

医療系の事務仕事は、かなり人気が高いお仕事として知られています。非常に倍率が高く、特に主婦の方に大人気となっています。似たような仕事として、調剤薬局事務という仕事があります。病院近くの調剤薬局やドラッグストアで働くことになる調剤薬局事務ですが、多くのメリットがあることで知られているのです。では、具体的に調剤薬局事務として働く上で、どのようなメリットがあるものなのでしょうか?今回は、調剤薬局事務として働く上でのメリットを3つに絞って紹介していきます。是非参考にしてくださいね!■調剤薬局事務として働くメリット@:人のために役立っている感じを得られる!調剤薬局事務のお仕事の一つに、患者さんにお薬を渡す役割があります。病院近くの調剤薬局では、診察を終えた患者さんにお薬を渡すのですが、最後に必ず「お大事に」という言葉をかけることになります。患者さんにとっては、家に戻る前に最後に合う病院関係者が調剤薬局事務の方なのです。患者さんの笑顔を見ることができると、人のために役立っているんだな!とやりがいを感じることができるものなのです!■調剤薬局事務として働くメリットA:自分に合った働き方ができる!調剤薬局事務の仕事では、ほとんどが正社員ではなくパートやアルバイトで雇用されています。給与面では残念ながら劣るのですが、その分だけある程度自分のペースに合わせて勤務できるのがメリットとなっています。また、職場によってはシフト勤務となっていて、勤務時間が固定されているので残業も殆ど無いというのも、若いお母さんにとって最適なのです!■調剤薬局事務として働くメリットB:未経験者でも働ける!医療系のお仕事となると、資格が必要なイメージがありますよね。ただ、調剤薬局事務の場合は資格がなく未経験でも仕事に就くことができるのがメリットとして挙げることができます。もちろん、資格を持っておいたほうが良いのですが、飛び込みに近い形で働けるのは魅力的ですね。