MENU

調剤薬局事務に求められる能力

どのような能力が求められるのか?

 

調剤薬局事務は他の業種の事務業に比べて多彩かつ特殊な仕事が求められます。中には専門的な知識やスキルが求められる仕事もあるでしょう。

 

それだけに自分に適性があるのかどうか不安に思っている人も多いようです。では、業務の際には実際にどのような能力が求められるのでしょうか。

 

大きく分けると接客業としてのコミュニケーション能力と、事務能力の2つとなります。患者を相手にした受付や会計業務はいわば「表の顔」。調剤薬局のイメージにも直接影響を及ぼすだけに重要なポイントです。

 

かつて、薬剤師が自ら受付と会計を行うのが当たり前だった頃は、どうしても暗い印象がつきまとっていたものです。それだけに調剤薬局事務には明るい雰囲気、オープンな雰囲気を作るコミュニケーション能力が求められます。

 

事務能力はレセプトや薬歴簿といった文書を作成する能力です。とくにレセプトは正確に作成することがとても大切です。現在では、文書等を作成する際のパソコンを使いこなす能力も必須スキルだと言えるでしょう。

 

専門的な知識・スキルも

 

業務内容によっては専門的な知識やスキルが求められる場合もあります。先に挙げたレセプトの作成などはその典型的なケースになります。

 

調剤薬局事務関連の資格が多数存在していますが、そこでもレセプトの作成能力の有無が合否の重要なポイントとなっています。資格取得を目指す人も、この能力が自分に備わっているかを証明したいとの思いが強いようです。

 

他にも専門的な知識が求められる場合があります。たとえば患者に対して薬剤の説明を行う時です。もちろん、薬剤師の支持に基づいて説明するわけですが、患者の性別や年齢などを考慮した上で適切な説明が求められます。

 

そのためには臨機応変に対応するための薬の知識が不可欠となるでしょう。さらに欲を言えば、薬局で求められるさまざまな業務をこなせる器用さが重要です。場合によっては複数の業務を同時進行で進めていくこともあるので、この点も大切な能力の1つだと言えます。

 

調剤薬局事務の資格を取るならどこがいい?

調剤薬局事務講座を一括比較できるサービス

 

調剤薬局事務の資格取得1

 

ブラッシュアップ学び

調剤薬局事務の資格取得2

詳しくはこちらをクリック

 

「ブラッシュアップ」を利用して資料を請求しました♪

 

調剤薬局事務の資格取得3

 

詳しくはこちらをクリック