MENU

調剤薬局事務とは?

調剤薬局事務の仕事

調剤事務管理士

調剤薬局事務とは、調剤薬局において受付や会計業務を行う仕事です。

 

医療関連では、医療事務の仕事が注目を浴びていますが、医療事務と同様、「週2日・短時間など、ライフスタイルに合わせて働ける」「結婚や出産で仕事を離れても復職がしやすい」「正社員・パート社員など、勤務形態が選びやすい」「長く安定して働ける」などの理由から、女性に人気がある職業の1つです。

 

調剤薬局事務の代表的な仕事に、レセプト作成業務が挙げらます。他にも、受付業務・調剤料や薬剤料の算定・薬歴簿の記入・会計・調剤録の作成など幅広く行っていきます。

 

講座選びで失敗しないために

ブラッシュアップ学び

ブラッシュアップ画面

ブラッシュアップロゴ

「ブラッシュアップ」を利用すると、複数講座の資料を一括でお取り寄せすることができます。もちろん全て無料。面倒な作業が省けますし、自宅にいながらにして簡単に講座のカリキュラムや料金を比較することができるので便利です。申し込む前に必ず比較をして、料金が安い講座や自分に合った講座を選ぶようにしましょう。資料には教材内容や、実際の現場で働く人の体験談など情報が豊富に掲載されていて参考になります。

詳しくはこちらをクリック 詳しくはこちらをクリック

 

講座選びのポイント

調剤薬局事務の通信・通学講座では、調剤薬局事務の資格取得に必要な知識を学ぶことができる他、レセプト作成業務、薬の基礎知識や薬に関する法律、保険のしくみ等、実務に役立つスキルを効率良く身につけることが出来ます。

 

また、調剤薬局事務の資格の種類には、医療保険調剤報酬事務士・調剤事務管理士・調剤報酬請求事務専門士・調剤事務実務士・調剤報酬請求事務技能認定・調剤薬局事務士など複数あります。講座によって取得できる資格にそれぞれ違いがありますが、資格の難易度や優位性に大きな違いはありませんので、種類についてはそれほど気にする必要はないと言えるでしょう。

 

調剤事務実務士

それ以上に、講座によって学習内容や期間、費用などにそれぞれ違いがありますから、スクール選びは慎重におこなう必要があります。もし、間違ってスクールを選んでしまうと、 高い受講料を払ったのに資格を取得することができなかったということにもなりかねません。

 

講座を選ぶ際は、以下の5つのポイントをチェックすることをおすすめします。よく比較・検討をして自分のライフスタイルに合った学校を選びましょう。

 

@講座・カリキュラムの内容

講座によって使用するテキストや、学習の進め方に違いがあります。ポイントが掴みやすく、基礎から実務レベルまで段階を追って理解ができる教材がおすすめです。

 

A講座の費用

講座の費用は、約2万円〜8万円まで講座によってそれぞれ違いがあります。単純に価格のみで決めるのではなく、カリキュラムの内容や学習ペースなどトータルで比較すると良いでしょう。

 

B学習期間・ペース

学習期間は、最短3日間〜半年近くまで、講座によってそれぞれ違いがあります。中には「1年間保証制度」など、在籍期間中に自由に休学・復学できるような講座もあります。

 

C添削回数

「疑問点は、その場ですぐに質問したい」「昼間は仕事なので、夜遅くでも質問したい」といった方は、学習フォロー制度が充実している講座を選ぶと、安心して学習を進めていくことができます。

 

D教育訓練給付制度に対応しているか?

教育訓練給付金とは、講座修了後に、実際に支払った講座費用の20%(上限10万円)が国から給付される制度です。給付を受けるためには、厚生労働大臣の指定を受けている講座を受講する必要があります。

 

講座を一括比較する

ブラッシュアップ学び

ブラッシュアップ画面

ブラッシュアップロゴ

「ブラッシュアップ」を利用すると、複数講座の資料を一括でお取り寄せすることができます。もちろん全て無料。面倒な作業が省けますし、自宅にいながらにして簡単に講座のカリキュラムや料金を比較することができるので便利です。申し込む前に必ず比較をして、料金が安い講座や自分に合った講座を選ぶようにしましょう。資料には教材内容や、実際の現場で働く人の体験談など情報が豊富に掲載されていて参考になります。

詳しくはこちらをクリック 詳しくはこちらをクリック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【当サイトについて】

調剤薬局事務資格とは、調剤薬局において受付や会計といった業務を行う仕事です。病院外で調剤薬局が設立されるケースも増えており、病院の枠を超えて人々の日々の健康維持に重要な役割を持つようになっています。それに合わせて調剤薬局の仕事そのものにも変化が生じているのです。これまで多くの調剤薬局では薬剤師のみが勤務し、調剤から受付まで一連の仕事を行ってきました。しかし調剤薬局の中でも、事務業務を専門に担当する調剤薬局事務を設置するケースが増えてきているのです。具体的な仕事内容としては、処方箋を持ってきた患者を相手にした受付業務や会計、あるいは薬局内の清掃といった雑務、さらに調剤報酬請求証明書の作成などが挙げられます。では、どうして調剤薬局事務の需要が増えてきているのでしょうか。まず挙げられるのが調剤薬局そのものの増加。その結果薬剤師そのものの需要が増しており、人手不足の傾向が生じているのです。近所にある調剤薬局を通りかかった時に求人の貼り紙を見たことがある人も多いでしょう。人手が少なくなれば薬剤師ひとりひとりの仕事が多くなり、業務が大変になってきます。そんな薬剤師の負担を軽減させるために調剤薬局事務が求められているのです。薬剤師は調剤の仕事に専念し、他の業務を調剤薬局事務が担当する。分業による効率化がポイントなのです。また、医療技術の進歩により、さまざまな薬剤が登場するようになっています。薬剤師も資格を取得するだけでなく、その後仕事と並行して薬剤についての知識を身につけていく必要もあります。その時間や余裕を確保するためにも、雑用を担当してくれる調剤薬局事務が重要な意味を持っているのです。こうした理由から、今後さらに調剤薬局事務の需要が高まっていくことが予想されます。また、景気の動向に関係なく安定した需要、就業環境が期待できる点も大きな魅力といえるでしょう。レセプト作成業務とは?ほとんどの患者さんは、保険(国民健康保険、政府管掌健康保険 etc.)に加入しているので、診察料や薬代が一部負担(3割)になります。調剤薬局では、患者さんから負担金のみを支払って貰い、残りの料金は保険者である「国民健康保険」や「保険組合」に請求します。このように、保険者に診察料や薬代を請求することをレセプト業務、または調剤報酬請求業務と呼びます。他にも、薬剤師の指示のもとで患者さんに薬を手渡したり、時には薬の注意事項などを薬剤師に代わって説明することもあります。「高齢化の進行」と「医薬分業の推進」に伴い、調剤薬局事務の需要は年々高まっており、専門スキルを身につけるために資格を取得する人も増えています。

更新履歴